NBA スポーツ

【動画有】早くもフルツ対テイタムのドラフト1位、3位対決が実現!【サマーリーグ】

更新日:

ドラフト1位指名のマーケル・フルツ対ドラフト3位指名のジェイソン・テイタムの対決がサマーリーグで早くも実現しました!
動画は↓からどうぞ
フィラデルフィア(白青)の背番号7がフルツ、
ボストン(緑)の背番号11がテイタムです。

2人の結果

結果はボストン・セルティックスがテイタムのゲームウィナーショットによって勝利しました。

2人の成績は、

マーケル・フルツが
22分の出場で17得点2リバウンド1アシスト3ブロック

ジェイソン・テイタムが
33分の出場で21得点7リバウンド3アシスト5スティール

という結果になりました。

スポンサーリンク

テイタムではNBAでもすぐに活躍しそう?

個人的にはテイタムはNBAでもすぐに活躍できる能力を持っていそうだと感じました。

テイタムはこの試合でドライブ、ポストアップ、キャッチアンドシュートなどオフェンススキルの幅を見せてくれました。
どれも精度が高く、NBAでも活躍が期待できそうです。

フルツのシュート能力も本物か

一方のフルツはプレイ時間が少し短かったので、評価が難しいですが、それでも外からのシュートの精度は素晴らしいと感じました。

ドリブルからのプルアップジャンパーも上手いですし、スクリーンを上手く使ってスリーを決めるシーンも何度かありました。
また、試合中に何度か見せたドリブルからのスピンレイアップはNBAでも通用しそうです。
その一方でファウルをもらった後に余裕があるように見えたのに、シュートを決めれずアンドワンを逃すシーンも数回あったのが気になります。

また、以外な所ですが、フルツのヘルプディフェンスからのブロックは武器の一つになるかもしれません。
この試合でもわずか21分の出場時間で3度もブロックを決めました。

最後はテイタムが試合を決めるシュートを沈め、フルツはブロックされて試合終了という対照的な結果になりましたが、

2人ともこれからが期待できるまずまずのスタートを切ったのではないでしょうか。

-NBA, スポーツ
-, , ,

Copyright© ピコピコ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.