Steam ゲーム

【Steam】動物を合成して戦う「Animal Fight Club」が結構面白いぞ!【序盤攻略付き】

投稿日:


2019年4月にSteamでリリースされたゲーム、「Animal Fight Club」がネタゲーかと思ったら結構楽しめたので、記事にしてみます。

Animal Fight Clubの特徴

このゲームは、2体の動物を合成してキメラを作り、戦うゲームです。

見てもらった方が早いと思うので、まずは下の画像をどうぞ。

カニアルパカを合成したアルパカガニ
同じく、カニ納屋フクロウを合成したフクロウガニ

 
 
 

更に
コアラヘビを合成して・・・

コアラヘビ

 
 
こんな感じに合成した動物でパーティを組んで戦います。
動物の組み合わせは1000以上らしい・・・
Steamで購入でき、シングルプレイオンライン対戦もあり!(笑)
一応、日本語も対応してますが、機械翻訳レベルです。とはいえ、ストーリーがあるわけでもないので、ほとんど理解できなくても楽しめます。
定価は410円とかな~り安いので気になった方は買ってみては?

スポンサーリンク

ここからは序盤の簡単な攻略をどうぞ!

最初に選ぶ軍のタイプは好きなものでいい


初回起動時に軍のタイプ選択画面が表示されますが、好きなタイプを直感で選んでも大丈夫です。
選んだタイプの動物が数体もらえますが、他の動物もすぐに手に入りますし、大きな差はありません。

参考までに各タイプにどんな動物をいるか紹介します。

火災タイプ・・・フラミンゴ、キツネ、ラクダ、キリン等。選考基準がよく分からない。
空気タイプ・・・納屋フクロウ、カモメ、ハチドリ等の空を飛ぶ鳥が多い。
岩タイプ・・・鹿、エルク、ボア等、見た目が茶色っぽい動物?
水タイプ・・・カニ、サメ、ペンギン、ガチョウ等の水に関係のある動物。

と言う風にタイプはありますが、下記の画像にあるように、タイプ別に相性があるというわけではないので、あまり気にしなくてもいいです。多分10分後には何選んだか忘れてるぐらいどうでもいいです。

同じ空気タイプのクロウ(カラス)とカモメですが、クロウは火に強く、カモメは水に強いといった感じなので、各タイプごとに強弱が設定されているわけではなく、動物の種類毎のようです。

序盤はオーダー動物で動物を揃える。

とりあえず、最初はSPを10もっているので、
オーダー動物(右の段ボールのアイコン)を推して、ランダムな動物1体を5SPで手にいれましょう。
SPはすぐに貯まる(1試合5分くらいで7SP~10SPぐらい)のであまりケチらず使っていってOKです。

真ん中の「はい。」を押せばランダムな動物が手に入り、「その日のオファー」は高価だが、指定した動物が確実に手に入る。

スポンサーリンク

動物はどんどん合成していく


このゲームは動物を混ぜることを売りにしているだけあって、動物をそのまま使うよりは合成した方が強いです。
合成はたったの2SPでできるので、ガンガンやりましょう。

動物を購入・合成した後は右上の「軍の編集」で合成した動物を追加するのを忘れずに!

まずはシングルプレイを進める。

いきなりマルチプレイをやってもボコボコにされるだけなので、操作方法を覚える意味でも、まずはシングルプレイを進めましょう。

操作はかなり単純です

操作方法

WASD・・・移動
マウス・・・カメラ移動
左クリック or スペースキー・・・攻撃
右クリック・・・敵をロックオン
Tab・・・操作キャラを変更
Q・・・左に回避
E・・・右に回避

負けてもペナルティーはないのでガンガン進める


このゲームでは、負けても特にペナルティーはありません。
むしろ負けても1SPもらえます。
ガンガン進めていきましょう。

合成の仕組み

Animal Fight Clubでは、頭と胴体パーツにそれぞれ体力、重量が設定されていて、合成した場合にはそれぞれの合計で数値が決まる。

例えば、
ペンギンの頭の体力が10、体の体力が20、
カモメの頭の体力が5、体の体力が25だとする。
この場合、
頭がペンギン、体がカモメの動物ができた場合は体力が10+25で35になり、
頭がカモメ、体がペンギンの動物ができた場合は体力が5+20で25になる。

重量も同様の計算で行われるため、強くても重いパーツの動物は使いづらいし、
パッと見で軽くて弱そうでも、体重比での体力が多い動物は強いと言えそう。

-Steam, ゲーム
-, ,

Copyright© ピコピコ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.