アメリカ

海外留学や海外就職って想像してたよりずっと大変

投稿日:


僕は現在25歳で、アメリカのオハイオ州コロンバスに住んでおり、2016年10月に現在の会社に転職し、社内SEとして働いています。

今回、アメリカにきて約5か月が経過したことで、日本にいた頃には見えなかったことが、見えてくるようになったので、
アメリカ生活や海外生活をする際にやっておけばよかったことをまとめてみようと思います。
 
 

アメリカ人の英語についていけない

僕は日本人の中では英語が話せるほうだと思います。

渡米前のTOEICの点数は700点程度で、日常会話程度ならできると考えていました。

しかし、アメリカ人の英語のスピードに全くついていけませんでした。

最初の2週間は、会社からホテルとレンタカーを与えられていましたが、その間にアメリカ人の高速英語を聞き取りながら、アパートの契約と車の購入をしなければなりませんでした。

アメリカの法律にも詳しくなく、英語も完璧には聞き取れない状態だったため、多くのトラブルに巻き込まれてしまいました。

アメリカでは自動車保険に入っていないと車を購入することができないのですが、

車を購入した際には、渡米から1週間も経っておらず、オハイオ州の運転免許がまだない状態で、国際免許で入れる自動車保険会社を探さなければならなりませんでした。

当然、日本語で対応してくれるところなど知らなかったため、保険に入るのにアメリカ人なら1時間ほどで終わる人もいるなかで2~3日かかりました。

トラブルはまだまだ続きます。。。

苦労して車を購入した次の日の朝には、アパートの駐車場に止めていたはずの車がなくなっていました。

・・・は?

って感じでパニックになりましたが、会社の人に連絡して助けてもらい、確認したところ、アパートの駐車場のルールを勘違いして自分の車がレッカー移動されていただけでした。

毎日のようにトラブルに巻き込まれ、日本では一人で当然のようにできていたことが全くできない現実に、悔しくて泣きました(笑)

今では笑える話ですが、当時は周りに友達がいるわけでもなく、

留学で海外に行く場合は学校の方がある程度お世話してくれるかもしれませんが、海外就職となると、仕事以前に生活の基盤を整える上で越えなければいけない壁はかなり大きいです。

海外への留学や就職をお考えの方は渡航する前に語学の勉強をしっかりやっておくことをオススメします。

僕が巻き込まれたトラブルは基本的には英語力があれば防げたものが多かったと思います。

現地で覚えればいいやという気持ちでは出鼻を挫かれてしまうため、きっちりと準備したうえで渡航しましょう。

最初とにかく孤独

英語をネイティブ並みに話せる方は問題ないでしょうが、僕のように片言の英語ではなかなか現地の友達もできません。

留学生の場合は同じ日本人留学生がいれば問題ないかもしれませんが、僕の場合は独身で、一人で渡米し、会社では日本人がいても35歳以上の方ばかりだったため、気が合う友達を見つけられませんでした。

誰かと遊びたいと思ってもそんな人はいないですし、友達を作ろうにも英語が上手く話せない。

そもそも最初の1、2か月は英語でのトラブルに巻き込まれまくった僕は、英語恐怖症に陥っており、英語で友達を見つけたいなんて考えもしませんでした。

日本の家族や友達のことをたまに思い出して、ホームシックになっていました。

そんな僕もこのままではいけないと思い、あるアプリをインストールしました。

HelloTalk(ハロートーク)というアプリです。

このアプリは世界中の言語学習者が協力して言語を学習するアプリなのですが、

自分の近くに住んでいる人を検索する機能がついています。

僕はこのアプリを使って自分のアパートの近くに住んでいる日本語学習者を検索し、連絡をとり、最終的には友達になることができました。

会話は日本語半分、英語半分といった感じですが、運よかったのか、日本に3年間ALTとして住んでいた方なので、日本語がとても流暢で意思疎通が図りやすいです。

今度一緒にNBAの試合を見に行くことになってます!

ようやくアメリカ性格を楽しめる希望が掴めたかもしれません。
 
 

これから海外へ挑戦しようという方へ

本当に海外に住みたいという方や留学したいという方は、チャレンジするべきだと思います。

僕自身、上でマイナス要素をたくさん書きましたが、チャレンジしたこと自体は後悔していません。

チャレンジするタイミングは間違えたかもしれませんが・・・(笑)

何よりも海外での経験を海外留学で得られるというのは大きなアドバンテージだと思います。

海外に挑戦した結果、失敗だと感じたとしても日本に帰ってきたらいいだけです。

特に学生の方は失うものよりも得られるものの方が大きいです。

行きたいと思ってもすぐに行けるものでもないので、しっかりと準備して万全の状態で海外に飛び立ちましょう!

特に語学の勉強は忘れずに!(笑)

-アメリカ
-, , , ,

Copyright© ピコピコ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.