ニュースキュレーション

ベトナム人が語る日本人と韓国人・中国人との決定的違い、見分ける方法

投稿日:


武田鉄矢さんが、ラジオでベトナム人が語った日本人と韓国人・中国人との決定的違いについて語っていました。

それによると、ベトナムの人はどこに行っても日本人と韓国人・中国人を間違えないそうです。

ベトナム人にはそれらを見分けるコツが備わっているそうです。

そのうちの2つを紹介しており、興味深い話だったので紹介させていただきます。

受け取るときに「ありがとう」と言う

そのベトナム人によると、日本人は物を買って、受け取るときに「お礼の言葉」を言うらしいです。

「ありがとう」や「Thank you」など必ずお礼の言葉を残していくのが日本人です。

私たちにとってはなんでもない当たり前のことに感じますが、

中国人や韓国人は言わないらしいです。

中国人や韓国人にとっては「お金を払ってるんだから言う必要はない」という考えらしいです。

物を買って、お金を払っているのにも関わらずお礼を言ってくれるのは日本人だけだそうです。

ごちそうさま

日本人はご飯を食べ終わったときに謎の呪文を唱えるそうですw

「ごちそうさま」というのは私たち日本人にとっては当たり前のことですが、

韓国や中国ではそれに置き換わる言葉はないようです。

まとめ

 
見分け方と言われて何か失礼なことだったら嫌だなと思っていましたが、

日本人らしい礼儀で見分けられていて、誇らしくなりました。

日本人にとっては当たり前のことでも、世界の他の国々では常識でないってことがたくさんあります。

私もアメリカに住み始めて、アメリカ人にくらべて礼儀正しく生活できる自分自身や日本人を誇らしく思えるようになりました。

こういった、日本人が世界で続けてきた礼儀正しい行動が今日の「日本人は礼儀正しい」という世界の常識につながっています。

皆さんも海外に行くときは、日本を代表する気持ちで失礼のないように接しましょうね!

それではまた今度!

-ニュースキュレーション
-, , , ,

Copyright© ピコピコ通信 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.